一眼レフカメラのレンタルでおすすめの会社ランキング!お得な会社はどこ?

誰しも運動会や結婚式など、大切な瞬間は美しい写真に残したいと思っているでしょう。一眼レフカメラはコンパクトデジタルカメラやスマートフォンと比べても一目でわかるほどクオリティの高い写真を撮影することができます。ですが一眼レフカメラは非常に高額なものばかりで、手に入れたい気持ちはあっても実際に購入するのは少し勇気がいりますね。そんな人におすすめなのが、短期間だけ数千円からと言う安価で使うことができる一眼レフカメラのレンタルサービスです。今回は一眼レフカメラのレンタルサービスについて、レンタル会社の違いや選び方、おすすめのレンタル会社まで幅広く紹介していきます。

一眼レフカメラのレンタルとは?

短期間だけ一眼レフカメラを借りることができるサービス

一眼レフカメラのレンタルとはキャノンやニコン、ソニーなどの各メーカーの一眼レフカメラを低価格で必要な日数だけ借りることができるサービスです。各メーカーから様々な撮影シーンに向けて作られたカメラが発売されており、できるなら全てを購入したいところですがそれは難しいですよね。また、これから一眼レフカメラを購入しようとしていて色々な機種を試してみたい人もいるでしょう。購入すると10万円以上もするカメラを数千円で借りることができるレンタルサービスに今注目が集まっています。

一眼レフカメラレンタルのメリット

使いたい時だけ使える

いつも持っておく必要がない人におすすめ

一眼レフカメラは種類やメーカーによって価格は様々ですが安くても数万円から、高い機種になると数十万円するものもあります。高い金額を支払っても実際は利用頻度が低く、タンスに眠ったままになっている人も少なくはないのではないでしょうか。そんな人には一眼レフカメラのレンタルサービスがぴったりです。数万円以上する一眼レフカメラを購入はせずに、使いたい時に使いたい期間だけ安いレンタル料金で借りる。レンタルサービスは賢い節約の仕方でもあります。

購入するよりも安く使える

これから一眼レフカメラの購入を考えている人におすすめ

一眼レフの購入を考えている人はいろいろなカメラを試してみたいものですよね。もちろんカメラ屋さんに足を運び直接実機に触れることで感触はつかめるかもしれませんが、外に持ち出して実際の風景や屋外で試写することは防犯の観点からできないカメラ屋さんがほとんどです。レンタルであれば、契約期間内であればどこに持って行ってどれだけ撮影をしても問題はありません。購入前のお試し使用にぴったりですね。

手間がかかるメンテナンスの必要がない

細かいメンテナンスが苦手な人におすすめ

一眼レフカメラは精密機器であり、保管や清掃に専門知識と技術が必要になります。また、湿気とカビに極端に弱くそれらの発生を抑制するために湿度を適度に保つ防湿庫の購入が必要になります。また、使用後にはブロワーで細かいゴミを除去したりなどの煩雑な作業が待っています。一方、レンタルで一眼レフを使う場合は品質保持のためのメンテナンスや使用後の清掃などは全てレンタル会社が行ってくれますので非常にお手軽ですよ。

一眼レフカメラレンタル会社の選び方

レンタルできる期間で選ぶ

一眼レフカメラのレンタル期間は、3泊4日が一般的です。2泊3日以下のレンタル会社はほとんどありません。通常レンタル会社は商品がレンタル起算日の午前中に届くように発送します。そのため起算日の朝一番から使用することは実質不可能です。また、カメラが手元に届いてすぐに本番では不安があるので1日は試写してみたいですよね。加えて返却には24時までに返送の手続きをしなければならない会社がほとんどですので、余裕を持って手続きを行うことを考えると3泊4日がちょうど良いのではないでしょうか。

値段の安さで選ぶ

一眼レフカメラのレンタル料金は、レンタルするカメラの定価によって上下します。定価が安いカメラであれば2泊3日で5,000円前後から、定価が高いカメラでは2泊3日で2万円以上するものもあります。いずれのケースでも定価よりも断然安い金額でレンタルすることができるのはお得ですね。ただし、レンタル料金が安いレンタル会社の中には送料が無料でない会社や、補償料が別途必要な会社もあるので注意が必要ですよ。

商品や機種・在庫の豊富さで選ぶ

商品の種類もレンタル会社によって多岐にわたります。キャノンの最新一眼レフといば、EOS-1D X MarkⅡやEOS-5D Mark Ⅳが挙げられますが、商品として取り扱っているレンタル会社は多くはありません。最新の一眼レフカメラをレンタルしたい場合は、取扱商品が豊富な会社を選ぶことをおすすめしますよ。また、取扱商品とあわせて注意が必要なのが在庫数です。せっかく取扱が豊富なのに希望する期間に在庫がないということも多々あります。特に夏休みや年末年始の大型連休などはカメラを持って出かける人が増えることもあり品薄になる傾向にあるようです。借りる期間が決まったら早めの予約が必要ですね。

受取・返却の便利さで選ぶ

自宅配送・空港受取・ホテル受取も

一眼レフカメラの受け取り方法はレンタル会社によって様々。宅配か店頭での受け取りが主流ですが、宿泊先や空港での受け取りが可能なレンタル会社もあります。宿泊先や空港での受け取りであれば旅先で受け取ってそのまま使うことができるので、手荷物の圧縮になるだけでなくレンタル期間を短くできるというメリットもあります。一眼レフカメラの使用シーンごとに受け取り方法を使い分けることが大切ですね。

一眼レフカメラレンタルおすすめの機種シリーズ・メーカー

キャノン-EOSシリーズ

豊富なラインナップであらゆるニーズに対応

1995年コダックとの提携によりEOS-DCS3の発売を皮切りに、プロカメラマン向けのEOS-1Dシリーズやハイアマチュア向けのEOS-5Dなどの1桁Dシリーズ、カメラファン向けのEOS-80DなどのEOS-2桁Dシリーズに加えてエントリーユーザー向けのEOS Kissシリーズなど初心者からプロまでのあらゆるニーズに対応しています。また、キャノン製一眼レフ用のレンズについても累計生産数1億3,000万本を達成しており非常に多くの本数が市場に流通しています。一眼レフカメラのレンタルサービスにセットされているレンズの種類も豊富なのはありがたいですね。

ニコン-Dシリーズ

想像を超える最新の性能を提供

ニコンは日本光学工業と言う光学兵器を作っていた会社が前身の映像事業や半導体事業に特化した会社です。目で見た景色と同じ写真を撮影することを目指してカメラを製造してきたため、風景を描写する技術に特化しています。1959年に発表したNikon Fを皮切りに現在に至るまでミラーレスを含めて141種類のカメラを発売してきました。これだけの長い歴史と蓄積した技術をわずか数千円からレンタルできるということは素晴らしいことですね。

ソニー-αシリーズ

高いイメージセンサー技術で美しい画像を表現

ソニーのαシリーズは1985年にミノルタが開発したα-7000が源流であり、今に至るまでその技術が蓄積されてきました。ソニーはもともと半導体製造技術に特化したメーカーであるため、イメージセンサーの技術は業界トップクラスです。また、ボディー内部に5軸の光学手ぶれ補正機構を採用することでレンズの種類に左右されずに手ぶれ補正の恩恵を受けることができるようになっています。一眼レフカメラのレンタルを考える際に手ぶれ補正機構の有無を確認するのは非常に重要ですが、ソニーαシリーズに限っては気にする必要はありません。

一眼レフカメラレンタルでおすすめの商品

一眼レフカメラ初心者におすすめの機種

キャノン – EOS Kiss X9i (レンタル料金 9,520円~)

小型軽量で持ち運びに最適

2017年4月に発売されたKissシリーズです。エントリーモデルという位置付けにありながら有効画素数2420万画素を達成し、高速連写も約6コマとオールラウンドに撮影をこなす機種です。本体の重量は485グラムと非常に小型かつ軽量に設計されており、持ち運びにも最適ですよ。

ニコン – D5500 (レンタル料金 8,680円~)

1台であらゆる撮影シーンに対応

2015年4月に発売されたエントリーモデル。軽量小型なボディーに有効画素数2416万画素、常用ISO感度25600を達成したオールラウンドなカメラです。さらに特筆すべきはその使いやすさで、撮影後そのままスマートデバイスと共有できるWi-Fiやアングルを変えて撮影する際に便利な、クルクルまわるバリアングル液晶を装備しています。観光地や人ごみの上から被写体を狙う際やセルフィーの撮影に非常に便利ですね。

一眼レフカメラ熟練者におすすめの機種

キャノン – EOS 6D MarkⅡ (レンタル料金 16,240円~)

スポーツ撮影に力を発揮

2017年8月に発売されたフルサイズ一眼レフカメラです。複雑な機能をシンプルなボタン配置で提供することで、初めての人にも非常に取り扱いやすい設計となっていますよ。また、常用ISO感度はISO40000を実現し超高感度撮影を得意としています。ISO感度が上がるとシャッタースピードも併せて上がりますので、動く被写体をしっかりととらえることもできますね。

ニコン – D4 (レンタル料金 19,600円~)

ニコンが誇るフラッグシップモデル

2014年3月に発売されたニコンを代表する、フラッグシップモデルという高級機です。有効画素数こそ1620万画素と控えめではありますが、1/8000秒の高速シャッターと51点のフォーカスポイントで視野の隅にある被写体でも逃しません。防塵、防滴機能も搭載されていますので、少々の悪天候は問題になりませんね。

一眼レフカメラレンタルでおすすめの会社比較ランキング

総合評価でおすすめのレンタル会社(安さ・便利さ・豊富さ)

モノカリ

当日レンタルが可能

突然スケジュールが入って機材が必要になるというシチュエーションは誰にでもあるものですよね。モノカリなら店頭受け取りであれば2時間前までに連絡をしておけば当日レンタルが可能です。もちろん在庫があることが条件ではありますが、非常に便利ですね。

自宅の他に空港やホテルで受け取り可能

店頭受け取りか自宅への郵送が一般的なレンタルサービスですが、モノカリでは空港やホテルで受け取ることができます。一眼レフカメラの輸送は耐衝撃性能の高いケースが必要になり、送料だけでも安くはありません。出張先の空港やホテルで受け取り可能なのは手荷物の圧縮だけでなく、送料の削減にもなりますね。

ReRe

一部離島を除く往復の送料が無料

送料の設定はレンタル会社によってまちまち。往復無料の会社もあれば、レンタル料金が3,000円以上で無料であったり往復1,300円のように送料単独の料金設定がある会社もあります。ReReは一部離島を除くと言う条件はありますが往復無料と設定されています。

返送日の手続き期限が17時まで

返送手続きの期限は24時としている会社が多いですが、ReReでレンタルしたカメラは返送日の17時までに佐川急便で返送の手続きを行わなければなりません。返送日ギリギリまでカメラを使いたい場合は急いで返送するか、もう1日返送のためだけにレンタルしなければなりません。返送のために1日分のレンタル料金を払うのはもったいないですね。

マップレンタル

店頭受け取りであれば当日レンタルが可能

新宿駅近くの店舗に限り当日レンタルが可能です。新宿駅近くに住んでいる人であれば非常に便利にレンタルすることができますね。商品のラインナップについても最新のフラッグシップ機から安価な旧型機まで幅広く取り揃えられていますので、在庫さえあれば良い商品に出会えるかもしれません。

充実した補償内容

追加オプションの補償制度が用意されており、一眼レフカメラにありがちな落下や水濡れに加えて火災、落雷、風害までもが補償されます。追加オプションへの加入はレンタル料金の10パーセントと若干高めに設定されています。しかし、国内のみの適用なので、海外旅行の際は適用されないため注意してください。

Rentry

延長料金が安い

使用中にレンタル期間を延長したいということは多々あると思います。そんな時に気になることが延長料金だという人がほとんどだと思いますが、安い機種では700円からと非常に安価に設定されています。スケジュールがしっかりと固まっていないユーザーには便利な価格設定ですね。

ラインナップが多くはない

一眼レフカメラのラインナップは10種類となっており、他社と比較しても非常に少なめになっています。カメラ全体の商品群の数も73種類となっていますので、使ってみたい商品の取扱がある場合は助かりますが、ない場合は他社を検討しなくてはなりませんね。

Rentio

補償料が無料

商品がレンタルである以上、故障やトラブルの際にかかる費用が気になりますよね。他社では1日500円程度の補償プラン加入を義務付けている会社もありますが、Rentioでは追加の補償制度はなく使用中の自然故障については一切請求しないと謳っています。また、落下など過失がある故障やトラブルでも免責は最大2,000円となっています。慣れないカメラを使う上で高額な修理費用がかからないのはありがたいですね。

貸し出しは3泊4日から

Rentioの貸し出し期間は3泊4日からと設定されており、短期間のニーズには対応していません。レンタル開始日の午前中に手元に届くのでは間に合わない人や、利用終了日に返却手続きを行うことができない人にはちょうど良い期間設定かもしれません。しかし、1日以下で良いといった短時間ニーズにはそぐわないかもしれません。

レンタル料金の安さでおすすめの会社(泊数・送料・セット内容)

モノカリ

1日からレンタルできる

ほとんどのレンタル会社が3泊4日から、短くても2泊3日で設定しているレンタル期間ですが、モノカリなら1日からレンタルすることができます。運動会など複数日に跨らないイベントの撮影をしたい場合などは1日で十分ですよね。また24時までに返送手続きを完了できれば良いので、撮影が終わったらそのまま返送するだけです。これは便利ですね。

当日レンタルできる

店頭受け取りで在庫があれば最短2時間後からレンタルすることができます。店舗は新宿駅から東京メトロ線で2駅と非常に便利な立地になっており、急を要する人にはおすすめです。もちろん他社同様に郵送での受け渡しサービスもありますので、店頭受け取りと併せて受け取り方の幅が広がりますね。

レンタルカメラショップ

0泊1日のレンタルができる

多くのレンタル会社が3泊4日、短くても2泊3日でレンタル期間を設定している中レンタルカメラショップでは0泊1日でのレンタルが可能となっています。商品のラインナップも新型機種から旧型機種まで幅広く揃っており、旧型機種であれば0泊1日のレンタル料は2,200円からと非常にリーズナブルな価格設定になっています。

注文総額15,000円以上で送料無料

送料無料を謳っているレンタル会社が多い中、レンタルカメラショップでは注文総額15,000円以上で送料が無料と設定されています。レンタルカメラショップのレンタル料金は比較的に安価なので、一眼レフをレンタルする場合2泊3日でも15,000円を超えるケースは少ないです。往復送料が最安でも1,820円ですので、送料分も考えると他社を視野に入れて検討しても良いかもしれませんね。

商品の豊富さでおすすめの会社

ビデオエイペックス

エントリーモデルからフラッグシップまで幅広い取扱

キャノンやニコンといった大手カメラメーカーの一眼レフを、エントリーモデルからメーカーを代表する高級機であるフラッグシップモデルまで幅広く取り扱っています。初めて一眼レフを使う人にも、今持っている一眼レフより上位モデルを使ってみたい人にも、あらゆるニーズに対応できる商品構成となっていますよ。

海外での使用にも対応した安心補償

国内での使用に限る補償サービスが主流である中、ビデオエイペックスの補償は海外でのトラブルにも対応しています。補償料はレンタル料金合計の10パーセントと高額な設定にはなっていますが、本体だけでなくアクセサリーまで対応しているのはありがたいですね。ただし、紛失や水濡れなど一部事象には対応していないのであらかじめチェックが必要ですよ。

Rentio

ボディーのみからレンズのセットまで多彩な取扱

一眼レフカメラの取扱はボディーのみの場合と同時発売されていたレンズキットのみの場合がほとんどですが、Rentioのラインナップにはオリジナルのレンズセットがあります。発売時のレンズキットでは望遠側が200mmまでの望遠レンズが多いのですが、Rentioはタムロン製の300mmがセットされているものもあり200mmでは物足りなくてもう少し望遠が欲しいという人にはありがたいセットですね。

各種記録メディアもレンタルできる

RentioではmicroSDをはじめとして様々な種類の記録メディアをレンタルまたは購入することができます。他社では一眼レフをレンタルすると記録メディアが同梱されているケースが多いのですが、Rentioにはそれがありません。どれだけ高性能な一眼レフカメラでも、記録メディアがないと意味がありませんので注意が必要ですよ。

まとめ

一眼レフカメラをお得にレンタルするならモノカリがおすすめ

今回の記事では一眼レフカメラをレンタルできる会社の比較や詳しいサービスをご紹介しました。取扱商品や付帯サービスは各社それぞれですがモノカリではよりお得に、より便利に一眼レフカメラをレンタルすることができます。業界最安レベルのレンタル料金・空港やホテルでの受け取り・記録メディアの付属など、どれを取っても嬉しいサービスばかりです。短時間の利用予定がある人や、新機種を試しに使ってみたい人など一眼レフカメラのレンタルを検討している人は、モノカリを選択肢に是非加えてみてください。